2011年08月16日

アンリ・ジローのシャンパン

そこにあるシャンパンに、およそ150は、そのvinifyを木の樽にしまいます。 シャンパンが前の世紀に作られた方法を研究した後に、クロードは80年代前半に樽を使い始めました。 アルゴンヌの地元のフォレストが村の木の多くの源であったと、彼はわかりました、しかし、森が何十年も管理されないで、彼はMeursaultから秒針ヴォージュ・バレルを買いました。現在、クロードは村で他の栽培者と働いて、なんとかアルゴンヌ・フォレストで樽産業を復活させることができて、彼の地下室でこれらの樽を誇りに思います。アンリ・ジロー・ワインは、12ヵ月を木に費やします。それがブドウ園の彼の10ヘクタール、200メートルのチョークの上に20cmの表土だけで南に面した斜面であると、クロードは説明します。彼の最も若いブドウ園は30才です、そして、彼は化学製品の最小限の使用で耕作します。ブドウ園の品質と彼らのする世話のため、毎年ビンテージを作ることができる理由があると、彼は思っています。 確かに、オークからのヴィン・クレールの味見は、驚異的でした: 12%のABV(豊かで、白いバーバリ防水布としてmouthfillingしています)の丸い、完全なシャルドネ。
posted by アンリ・ジロー at 09:20| アンリ・ジローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。