2011年08月16日

幻のシャンパン「アンリ・ジロー」

「アンリ・ジロー」。

この名前をご存知のあなたは、きっと特別な人です。

というのも、アンリ・ジローはその生産量の少なさから、
日本ではなかなか手に入らない幻のシャンパンだからです。

そして、アンリ・ジローを飲んだことがあるというのなら、
さらに特別な人物のはずです。

なぜなら、アンリ・ジローはイギリスやモナコなどの
王室御用達のシャンパンとして、ごく一部の上流階級で
愛飲されるのみだったからです。

近年、一般にも解禁されましたが、
それでも流通量は極端に少なく、
最も希少性の高いシャンパンの1つであることは
間違いないでしょう。
posted by アンリ・ジロー at 01:25| アンリ・ジローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一流の証、アンリ・ジロー

シャンパンといえば日本人はドン・ペリニヨンしかないように言いますが、私はアンリ・ジローが好みです。

レストランでも、アンリ・ジローを置いていないレストランは2流だと勝手に決め付けています。
posted by アンリ・ジロー at 01:15| アンリ・ジローについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。